スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花園予選準決勝 (久我山と国栃の現状)

準1

國學院久我山高校ラグビー部

東京都予選の準決勝(國學院久我山対明治大学中野高校)

昨年は23年ぶりに花園大会を逃した久我山。

25年11月10日から長い1年間だった。

負けて新チームになって直ぐ1年後を見据えて始動した久我山は、神奈川の桐蔭学園へ出稽古に出向いた。

その桐蔭学園は全国大会決勝まで進み東海大仰星に19-14で破れ準優勝だったが、素晴らしい決勝戦を

繰り広げたチームだ。

なぜ監督が、あえて新チームのスタートを桐蔭学園にしたのかがわかるような気がする。


さらに、花園大会に出場できなかった強豪チームが福岡に集まる裏花園とも言われている

「サニックスワールドユース交流大会」の予選にも初めて参加した。


年間通じてレギュラークラスの肩の手術や膝の手術など重傷者が多くベストメンバーが組めなかった。

そんな中、新人大会、関東大会、夏合宿としのいできた久我山の準決勝。

準2

ほぼベストメンバーで戦えた準決勝。

しかし、キックオフからミスをして、波に乗れない久我山は悪夢が蘇る・・・

選手同士が試合中にプレーを確認する場面がよく見られた。

準3

自陣からも積極的に展開して攻撃を緩めない久我山は徐々にテンポがよくなり試合を優位に運んだ。

準4

終わってみれば、失点なくシャットアウトで勝利し決勝に駒を進めた。

準5

ノーサイドの精神で、明大中野高校の3位表彰にエールを送る久我山の登録メンバー。

久我山で秋季国体(長崎国体)の「オール東京」に選ばれていた選手もいたが、

久我山の選ばれていた三年生は花園大会に集中するために自ら出場を辞退した。

国体関係者(スタッフ)には大変に迷惑な話だ・・・

しかし、昨年の悪夢を考えると、複雑な気持ちになり3年生の思いも痛いほどわかる。

私も全く知らない出来事で驚いたが、今の久我山の状態を見る限り苦渋の選択をした選手たちが

まっすぐ花園だけを見ている様に感じる。

さぁ・・・いよいよ決勝だ!


一方・・・國學院栃木ラグビー部だが・・・

準7

決勝戦出場を目指してケガのリカバリー中の3年生。

本来は、裸のトレーニングは禁止だがスタッフの研究で筋の使い方を見るために裸になってもらった。

こんな余計なこともする・・・

準8

まだまだ元気なのでどんどんメニューを提示する。

一向にシャツを着ない選手たち・・・

だんだんシャツが着られなくなってきているのかも知れない・・・

腿が痛い、膝が痛い、足首が痛い、肋骨が痛いって・・・大したことないケガだから。

決勝戦に向けて痛くない上半身をがんがんいきましょう!

準9

本当にシャツが着られないようなので。

もうそろそろ勘弁してやっか・・・

どうでも良いけど凄いパワーだわ・・・こいつら。

準6

全部員でラグビーマガジン用の集合写真。

この中から25名がベンチ入りする。

誰もが認めるメンバー25人で、メンバー外の部員が全力で25人をサポートする。

そんなメンバーで決勝戦を戦い花園でさらに飛躍して欲しい。


というわけで、TEAMKANOHのサポートは、

國學院栃木高校ラグビー部を国栃OBのチーフDと愚息Yが二人で担当します。

チームドクターをTEAMKANOH顧問の自治医科大学のKドクターが帯同してくださいます。

國學院久我山高校ラグビー部は、私と助手のCONAMI(夏合宿久我山のサポートを担当)で上京します。

チームドクターは、TEAMKANOH顧問の獨協医科大学ラグビー部OBで両チームのメディカルアドバイザーのMドクター。

両チームの健闘を期待します!











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボス

Author:ボス
"TEAM KANOH"のボスです。

目標を持った、頑張る選手のためのリカバリーセンターです。
一緒に目標を達成させましょう!

ケガを克服し、結果を出した選手が続々!!

日本一の柔道選手や全日本代表選手から少年野球選手までが
一緒にリカバリー出来る施設です。

提携病院も多数あります。
術後のリハビリも安心して行って下さい。

【ホームページ】
http://team-kanoh.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。