スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国高校ラグビー花園大会2014 帯同日記 (4) 久我山対大阪桐蔭

久我山は、初戦の航空石川を44-0で勝利し3回戦に駒を進めた。

高校ラグビーの花園大会は、「元旦から・・・」と、ラグビー通は言う。

毎年同じ席を陣取る高校ラグビーファンのおじさん達は、お屠蘇(とそ)でほろ酔い気分・・・

年期が入った帽子に「すきやねん」の見慣れたロゴ。

別に知り合いでもないが、毎年応援してくれている「すきやねん」のおじさん達には親近感がわく。

「すきやねん」の近くに座ると、解説者よりもおもしろく、詳しい!

s-IMG_6198.jpg

東大阪の石切神社の近くにある「ホテル セイリュウ」は、大晦日からカウントダウンなど様々なイベントの催しがある。

もちろん、選手達は各自で就寝時間を調整している。

久我山は起床や消灯を決めていないが、カウントダウンに参加する選手はいるはずがない。

厳しい決まりは、時間厳守。5分前行動は久我山が徹底しているところだ。

テーピングの時間を発表すると、時間前に登場する小さな闘将NO7。

満身創痍にも見えるが、テーピングマニアとも言える・・・

チーフトレーナーのD先生は、文句も言わず黙々と巻き続ける。(優しい)

さらに、自分でほとんどの指にコツコツとテープを巻き出す・・・(いいかげんにせいや!)

s-IMG_6201.jpg

「ホテル セイリュウ」から花園ラグビー場まではバスで15分から20分。

花園大会は、キックオフの100分前がロッカーインと決まられている。

会場に早く着いても絶対!入れてくれないので時間を調整して出発できるのでありがたい。

狭いロッカーではテーピングも自由がきかないので、選手の希望でホテルで巻くことが多くなった。

s-IMG_6203.jpg

注目カードというので、取材も多く練習会場の見学も大勢だ。

練習前に監督が選手を集めた・・・和やかな雰囲気で、選手に笑顔もある。

s-IMG_6211.jpg

花園大会が高校ラグビーの集大成。

メディカルサポートも様々な決めごとがある。

トレーナーとして、様々な競技の大会でサポートしているが、高校ラグビーのメディカルサポートが

一番研究され充実していると感じる。

たとえば、コート内で、膝に重傷外傷を負ってもトレーナーは入ってはいけない競技もあったり、

打球で挫滅し傷から組織がむき出しになっているのに、市販の泡状消毒をシュシュとかける救護の

看護師がいたり、脊髄損傷の重傷事故が起きているのに救急車を要請するまで役員の指示を待っていたり・・・

事故を未然に防ぐ事を中心にメディカルサポートするラグビー協会の指導は素晴らしいと思う。


花園大会には、マッチドクターがハーフライン上の手前に2名と反対側に2名の4名が待機している。

SAのビブスは、セーフティーアシスタントのという協会の資格を取得したチームの代表である。

さらにベンチには、監督、コーチ、チームドクター、チームトレーナーなど5名まで選手以外に入れる。

ここまで万全に選手のサポートしている競技はない。


s-IMG_6212.jpg

強豪チーム大阪桐蔭と久我山の対戦にメインスタンドは満席だ。

大阪桐蔭のファンが多いスタンドは想定内・・・

しかし、久我山のタックルやナイスプレーには熱い声援をくれる。

s-IMG_6214.jpg

久我山も決して小さいFWではないが、イヤイヤ大阪桐蔭の選手の大きいこと・・・

ラグビースタイルもクリーンで、素晴らしいチームだ。

ロッカー付近でも、大阪桐蔭の選手は我々スタッフに一人一人が必ず元気に挨拶をする。

好感を持てる行動に全く嫌みがない・・・(久我山は出来ていたのかなぁ!?)

s-IMG_6215.jpg

試合内容は、期待を裏切らない両チームのベストゲームを60分間披露してくれた。

トライ数は共に3本、トライ後のコンバージョンの差で17-15久我山がロスタイムで劇的な逆転だった。


後半28分で大阪桐蔭が逆転のトライをして15-12、ここで久我山の気持ちが切れたかと思ったが・・・

久我山のキックオフを大阪桐蔭がしっかりキャッチしたが、久我山はそのボールを奪い取って怒濤の攻撃。

4分間大阪桐蔭のゴール前で攻め続ける久我山。

すでにロスタイムに入り、プレーが途切れたら大阪桐蔭の勝利が目前だった。

ボールを落としたり、小さなミスやペナルティーでも大阪桐蔭の勝利だ。

長ーく感じるロスタイム・・・

レフリー!笛を吹くな!と言う思いは久我山。

レフリー!早う、笛吹かんかい!と言う思いの大阪桐蔭。

ロスタイム2分で32分にFWからバックスへ展開して右隅に劇的な逆転トライを見せた。

s-IMG_6220.jpg

スタンドから大阪桐蔭のファンの方々にも激励をいただいた。

たくさんの人を感動させた久我山ラグビーは花園でまた一つ伸びた。

次は、御所実業だ!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボス

Author:ボス
"TEAM KANOH"のボスです。

目標を持った、頑張る選手のためのリカバリーセンターです。
一緒に目標を達成させましょう!

ケガを克服し、結果を出した選手が続々!!

日本一の柔道選手や全日本代表選手から少年野球選手までが
一緒にリカバリー出来る施設です。

提携病院も多数あります。
術後のリハビリも安心して行って下さい。

【ホームページ】
http://team-kanoh.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。